« 11月15日ニュース | トップページ | 11月22日ニュース »

2009/11/24

明け渡すということ

「主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。」        (詩篇105篇3節)

 自分を神の者として全て明け渡すことに、私たちはある種のためらいを感じる。なぜか。完全に神に任せるなんて、私の明るく楽しい人生が暗く不自由なものになるのではと、不安になる。
 そうだろうか。詩篇の作者は自分の経験から(それは楽だ。神に委ね救い主の御声に従ったら、地下室から愛と恵みの明るい陽の下に移された気分だ)と。復活の主の召しに答えて委ねよう。

~機関紙「いこい」2005年号より抜粋~

|

« 11月15日ニュース | トップページ | 11月22日ニュース »

みことばアラカルト」カテゴリの記事