« 3月21日ニュース | トップページ | 彼らはそこでイエスを十字架につけた。 »

2010/03/24

前途が見えない

わたしの思いは、あなたがたの思いとは異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。天が地より高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。(イザヤ 55:8、9)

私たちは先の事がわからないので、不安になる。これから先、悪いことが起こるのでは、もっとまずいことになるのでは、と恐れる。自分たちの無力さと社会の非情さを知っていることと、何か「冷酷な運命の支配」のようなことを漠然と信じかかっているからだ。

確かに先のことはわからない。だがクリスチャンは、私たちのために神が身を乗り出し、救済のために御子イエスを遣わすほどに、神が私たちを愛しておられることを知っている。天の神は、その下に暮らす私たちに、恵みの、幸いな計画をもって関わる(エレミヤ29:11)と宣言しておられる。

先のわからないことは、主イエスの恵みの業が、私たちの予想を超える大いなる恵みのほかならないことを暗示している。確かに前途は見えない。だから大いに期待し、信頼して喜ぼう。


~機関紙「いこい」2006年12月号より抜粋~

|

« 3月21日ニュース | トップページ | 彼らはそこでイエスを十字架につけた。 »

みことばアラカルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/47463574

この記事へのトラックバック一覧です: 前途が見えない:

« 3月21日ニュース | トップページ | 彼らはそこでイエスを十字架につけた。 »