« 2月28日ニュース | トップページ | 3月7日メッセージ「さあ、伝道に出かけよう」 »

2010/03/03

弱さを身にまとって

「彼は、自分自身も弱さを身にまとっているので、無知な迷っている人々を思いやることができるのです。」(ヘブル 5:2)

私たちの問題は、無力さや少なさに起因するものだと、私たちは思い込んでいる。数が足りないので買うことが出来ない、わずかしかないのでやれない。だから大事なのは力であり、数字だ、と多くの人は考える。

人はなぜ、もっと力を、と求めるのか。私たちは誰もみな、周囲の人が自分をどう見ているのか、それが気がかりである。自分は隣の人と比較して、優れているのか劣っているのか、強いのか弱いのか、早いのか遅いのか、と仲間といつも競争している。あるいは自分を守り相手をやっつけるため、武器を手にする。その武器とは、有力な友人であったり、才能や知識、金や経歴などである。そんな力の行使は人を傷つけ、分裂を引き起こす。

石をパンに変えたり、高い塔から見事に飛び降り、廣い領土を支配する力、などを誇示する代わりに、主キリストは無力な赤ちゃんとして地に降りて来られた。
新しい生き方は、弱さの中で他者を思いやり、神の力によって生きることである。

|

« 2月28日ニュース | トップページ | 3月7日メッセージ「さあ、伝道に出かけよう」 »

みことばアラカルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/47463480

この記事へのトラックバック一覧です: 弱さを身にまとって:

« 2月28日ニュース | トップページ | 3月7日メッセージ「さあ、伝道に出かけよう」 »