« 3月20日メッセージ「目標を目指して一心に走る」 | トップページ | 3月27日メッセージ「収支を超える霊的祝福」 »

2011/03/22

3月20日ニュース

日本に神の憐みを祈ろう
去る11日に東北関東に起こった大地震と大津波によって、海岸地方を中心に甚大な被害を被り、一万数千人の人命が失われ、家が流され破壊されました。 続いて、福島の原子力発電所が危機的な状況に陥っております。対策に尽力している方々の必死の献身的な作業もすぐには効果が見られず、困難に遭遇しております。  人間の無力さを痛感します。そして今こそ、私たちクリスチャンの信仰が試されているのではないでしょうか。私たちは、天地の主なる神に、主キリストの名によって祈り願う特権を与えられています。無力で無知の私たちですが、キリストの名の下に二三人が集まって祈ることが出来ます。それは山を動かすことも、原子炉を静めることも出来ます。壊れた家や崩れた町を再建させることも可能だと、聖書は教えています。今から、日本のために、愛する国土のために、多くの同胞のために、祈りの輪を組んで祈り始めましょう。海外のクリスチャンたちも、日本のために祈ってくれているとの報を受けています。 ***********************************
(予定)

★地震と津波と原子炉破損事件の続く中だからこそ、私たちの全能の神の支えと励まし、赦しと力が先ず、私たちには必要です。困難な中で礼拝に参加された方々に、神のお恵みがありますように。
★本日の午後1時半から教会の予備総会を開催します。欠席される方は、委任状を役員に託してください。
★水曜聖研は谷井伝道師の指導でガラテヤ書の学びに入ります。なお午前の聖研は牧師が担当。
★来主日礼拝時に、入学卒業の兄姉たちの祝福を祈ります。

(報告)

★今回の震災を受け、高校生のキャンプおよびジュニアキャンプは中止となりました。小中高生たちには残念だが、神の顧みがありますように。
★災害支援のため、教会としてカンパを始めますのでご協力ください。具体的な支援策は情報を検討して決定します。

|

« 3月20日メッセージ「目標を目指して一心に走る」 | トップページ | 3月27日メッセージ「収支を超える霊的祝福」 »

予定と報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/51188838

この記事へのトラックバック一覧です: 3月20日ニュース:

« 3月20日メッセージ「目標を目指して一心に走る」 | トップページ | 3月27日メッセージ「収支を超える霊的祝福」 »