« 5月29日ニュース | トップページ | 6月12日メッセージ「神が人となられたのは」 »

2011/05/31

同胞の困難のために

すると、王は彼らに答えて言います。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。」(マタイ25:40)

東北関東大震災に、まだ心が震えて案じざるを得ない、落ち着かない日々が続く。またなかなか終息しない原子炉事故の今後に不安を禁じえない。このまだまだ山ほどの大きな課題を被災者はじめ。国家や地域も抱えている。もちろん同時代に、同胞の遭遇している困難は、私たちの問題でもある。どう関わるかが、私たちは今問われている。

冒頭の聖句は、再臨の主イエスが、私たちにどう生きたかを問われる際の基準として言われた言葉である。「あなたがたが、最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたし(イエス)にしたのです」。どのようにしたのか、空腹の時に食べ物を与え、渇いている時に飲ませ、旅人であった時に宿を貸し、裸であった時に着物を与え、病気の時に見舞う等である。

私たちの主は、空腹と寒さ、病いと不安、不自由さと絶望の中にある被災者の方々と共におられる。犠牲を惜しまず、祈り、精一杯応援しよう。

~機関誌「いこい」2011年4月号より抜粋~

|

« 5月29日ニュース | トップページ | 6月12日メッセージ「神が人となられたのは」 »

みことばアラカルト」カテゴリの記事