« 今朝の聖句 : 模範はキリスト | トップページ | 10月30日ニュース »

2011/11/01

10月30日メッセージ「罪と死の原理からの開放」

なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。               ロマ8:2

 ここに出て来る「原理」は「法則」の意でもあり、「キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死の法則からあなたを解放したからです。」とも訳されている(新共同訳)。私たちの社会は、議会の定めた法律に従って運行されている。自然界もまた、神の定めた種々の法則に従って動いている。たとえば手に持つ本を放せば床に落ちる。これの万有引力の法則は、東京でもロンドンでも同じだ。それと同様に、聖書は「死と罪の法則」が、私たちのすべてを、いつでも、どこでも、支配していると言う。

だが、罪は、私たちの愚かさ弱さが引き起こすもので、努力や精進によってある程度まで克服できるのではないのか。罪か善か、正義を貫くか、それは人間の自由な選択によるので、誰もがみな、いつでも、罪に傾くなどとは言えない。そう私たちは主張したい。そこで検証してみよう。もう二度と「怒るまい」と一度決心すれば、怒らずにいられるだろうか。妬まないようにしよう心に誓い、悪口を口にすまいと心底から思う。だが相変わらず、私の口からは批判めいた言葉が止まず、嫉妬の薄汚い思いは無くならない。偽りが容易に出てしまう。これらのことが、私たちが依然として「罪の法則」に支配されていることを示している。
「罪から来る報酬は死です」(ロマ6:23)とあるように、罪は人に死をもたらした。人間は死の法則下に置かれている。人間は、何とかして死から自分を守ろうかと努力してきた。医師はどこででも必要とされ、より高度な医療が要求される。莫大な費用をかけて薬が開発され、人々は飲み続ける。健康産業は大盛況だが、死は一日一日近づく歩みを、止めない。誰もが、「死の法則」の支配下に置かれている。
この「罪と死の原理(法則)」に対して、私たち人間の決心や修行、薬や健康体操も役に立たない。旧約の預言者は「人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう」、人の邪悪さの底が知れない、とまで述べている(エレミヤ17:9)。

 しかし、神が私たちのために立ち上がられた。私たちを救おうと心を砕き、我が子キリストの身体さえも砕いて、新しい法則を備えて、その下に私たちを招いておられる。確かに今もなお、罪と死の法則は依然として存在している。だが、より強力な法則が、罪と死の法則に対抗して、キリストを信じる者たちに作用する。それが「いのちをもたらす聖霊の法則」である。
今や、キリストを信じた私たちは、この新しい法則下に置かれている。「神は、罪を知らない方(キリスト)を、私たちの代わりに罪とされました。」(Ⅱコリント5:21)とあるように、これまでの罪もこれからの罪も、一切の罪がキリストに預けられ処理された。そして今や、私たちキリスト者は、罪と死の法則から自由にされて、神のいのちの法則下に暮らしている。この素晴らしい救いに感謝しよう。

|

« 今朝の聖句 : 模範はキリスト | トップページ | 10月30日ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/53134816

この記事へのトラックバック一覧です: 10月30日メッセージ「罪と死の原理からの開放」:

« 今朝の聖句 : 模範はキリスト | トップページ | 10月30日ニュース »