« 神よ。沈黙を続けないでください。黙っていないでください。 | トップページ | 3月11日ニュース »

2012/03/13

3月11日メッセージ「光よ。あれ。」

そのとき、神が「光よ。あれ。」と仰せられた。すると光ができた。 創世記1:3(1~5)

《神は常に存在している》

創世記1章1節は「初めに、神が天と地を創造した。」と記しています。聖書冒頭の主語はエロヒーム(神)で、唯一真の神によって天地万物が存在するようになったと宣言しています。神は万物を開始し、また終わらせる方です。神は、永遠の昔からおられ、今もまた後も、常に存在し続けておられます。神は世界を創造されただけではなく、今も万物の主権者として全知全能の御手で導いておられます。私たちは、神の許しのもとに存在し、神のご計画の中に生かされているにすぎないのです(使徒17:28a)。聖書はキリストの神性を証ししています(コロサイ1:15~17)。キリストを信じることから全ては始まるのです。

《神は無から、この世界を創造された》

「地は形が無く、何もなかった。」とあるように、創造の当初、混とんと暗黒の世界であったが、その大水の上を神の霊が動いていたとあります。愛の神は、世界創造の計画を、大水の上を舞いながらその愛をもって温め、準備されていたのではないでしょうか。神は、決して偶然や思い付きで事を進められるのではなく、深い知恵をもって計画し、不思議をなさいます(ローマ8:28)。人間の細胞や物質の原子に至るまで神は知り尽くしておられます。それは、唯一神だけが「無から有を創り出す」ことができるからです。「わたしはある。」(出エジプト記3:14)と言われる神だけが何にも依存することのないお方です。たとえ目の前の状況が八方ふさがりであっても、そこに道を開いて共に前進して下さる方がおられることを覚えたいのです。紅海を真二つに分けて乾いた地を歩ませたイスラエルの神は、今も生きて私たちと共におられるインマヌエルの主キリストです。

《神はお言葉によって、この世界を創造された》

「光よ。あれ。」とのお言葉一つで、何も無い暗やみの世界に光が現れました。光は暗やみを一瞬にして消します。光は恐れや不安を包み込み、希望と安心を与えます。「わたしは世の光です」(ヨハネ9:5)と言われたイエスこそ私たちの希望の光であり、救いです(ヨハネ1:4~5)。創造の記事には、神が「仰せられる」とそのようになった、と繰り返して記されています。創造は、何かの素材、媒介によるものでもなく、直接語られる神ことばによってであることが強調されています。神の口から出ることばは、必ず実現します(イザヤ55:11)。私たちには、この神の言葉、聖書があります。聖書のお言葉こそ、私たちに必要ないのちの糧であり、欠くことのできない活力の源です。

《神は見てよしとされた》

神は創造したものを見て、満足されました。それは非常によかったとあります(31節)。この世界とそれに満ちるすべてを、神は実に良いものに造って下さいました。人類の堕落以降、罪に支配されたこの世界に、神は御子なるキリストを遣わし、救いの道を開いて下さいました。キリストこそが、私たちを神の目に適うものに造り変え、抱える重荷をも負うことができるようにしてくださいます(Ⅱコリント5:17)。キリストこそ希望の光、真の慰めです。聖書の約束「新しい天と新しい地」の到来を待ち望み、今日もキリストを神と崇め信頼して歩もう。

|

« 神よ。沈黙を続けないでください。黙っていないでください。 | トップページ | 3月11日ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/54211042

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日メッセージ「光よ。あれ。」:

« 神よ。沈黙を続けないでください。黙っていないでください。 | トップページ | 3月11日ニュース »