« 私たちの日常生活でも、神が主権者 | トップページ | 5月19日ニュース »

2013/05/19

5月19日メッセージ「あなたの天幕の場所を広げよ」


あなたの天幕の場所を広げ、あなたの住まいの幕を惜しみなく張り伸ばし、綱を長くし、鉄のくいを強固にせよ。あなたは右と左にふえ広がり、あなたの子孫は、国々を所有し、荒れ果てた町々を人の住む所とするからだ。
イザヤ書54:2、3(53:10~54:10)

不義を働いた妻が夫に捨てられたように、罪を重ねた民は苦難の中に置かれていたが、主のしもべメシヤの身代りの犠牲によって、神のもとに戻ることが許さる。そして、住まいを広げなければ収容できないほどの多くの子供を与えられると、神は約束された。今は見る影もない惨めな民が救い主による回復で祝福を受け、その数を増し加えるので、速やかに天幕を大きく広げて置くようにとの恵みの命令である。
今日は、私たちの教会の開拓開始の記念日、教会設立の日に当たる。神学校を卒業したばかりの若輩伝道師が派遣され、長屋の奥の四畳半の集会所で始った教会は、紆余曲折を経て今日に至った。母教会の牧師に、数年で音を上げるだろうと思っていた、と後で言われた。神の憐れみと兄姉たちの忍耐と犠牲の支えによって守られて来た。感謝の他はない。そして46年を経た今、この地にはまだ多くの神の民が福音を待っている(使徒18:10)。過去に感謝するだけでなく、教会の主キリストから、私たちは課題を与えられていることを確認し、47年目に踏み出そう。

《新しい枠の構築を》 

牧師も歳を重ねた。新しい牧師を迎え、その指導下に再出発する時期に来ている。モーセからヨシュアへの引継ぎに学んで、これは主から出たことを確信し、着任と引継ぎがスムーズに進むように、教会挙げて祈り協力し合って行こう(ヨシュア1:16~18参照)。さらにもう一つ、限界どうも限界に来ている。神からの祝福を期待して、杭を外に大きく離れた所に打ち込み、天幕の綱を長くし、会堂を広げよう。いや新会堂を神のお捧げしよう。教会の先輩たちがすでに経験したように、自分たちも犠牲を払って会堂を建設する恵みに与かろう。多くの新しい仲間を迎えるために、新しい枠を建設しよう。

《献身を新たにして》 

「たとい私がおそくなったばあいでも、神の家でどのように行動すべきかを、あなたが知っておくためです。神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。」(Ⅰテモテ3:15)。教会はキリストの花嫁とも言われる。教会は、神からの愛と誠実さと聖潔を世に証しする立場にある。愚かな罪人の集まりではあるが、常に罪を告白し、相互に許しを請い、精一杯に仕え合う。私たちは教会契約の改めて実践することを誓い合おう。私たちの司令官は主キリスト、私たちはその兵士であるのだから(Ⅱテモテ2:3、4)。

《遣わされて出て行こう》 

イエスは、「父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。」と言われ、そのために聖霊を注いでくださった(ヨハネ20:21~22)。キリストの救いに与かったのは、私たちが救われることで終わるのではなく、その素晴らしい喜びと祝福を多くの方々と分かち合うためだ(Ⅰペテロ2:9~10)。この大いなる役割を感謝して受け止め、積極的に出て行こう。

|

« 私たちの日常生活でも、神が主権者 | トップページ | 5月19日ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/57417441

この記事へのトラックバック一覧です: 5月19日メッセージ「あなたの天幕の場所を広げよ」:

« 私たちの日常生活でも、神が主権者 | トップページ | 5月19日ニュース »