« 愛と信仰の証拠を示そう | トップページ | 6月8日ニュース »

2014/06/08

6月8日メッセージ「救いの目的、神の栄光」

イエスはこれらのことを話してから、目を天に向けて、言われた。「父よ。時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現わすために、子の栄光を現わしてください。 (ヨハネ17:1)

救い主イエス様は、罪と罪の結果である死から私たちを救うために来られました。ではイエス様が十字架の犠牲と復活のいのちをもって私たちを救って下さったのは、何のためだったのでしょうか?それは、神の栄光を私たちが喜び神の栄光が証しされるためです。


《第一に、創造の目標は神の栄光でした》 

「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる」(詩19:1)。宇宙は、人の力や知恵が遠く及ばないほど広大ですが、それは、偉大な神の力と知恵をあらわすためです。そして最後に創造された人間は、ちりのように小さくとも、神の前には大切な愛すべき存在でした。それは、神のかたちに創造された人間だけが、与えられた自由の中で、神のすばらしさを発見し、神を喜び、神を愛して交わることができるからです。私たちが創造された目的は、「私たちが神の栄光を見つめ、味わい、現すこと」です。

《第二に、罪は神の栄光を阻んでいます》 

しかし創造の直後に罪が入り、全人類に及びました。神にささげるべき「愛、信頼、希望、満足、誇り、献身、従順」を、神を裏切って、神以外のものにささげてしまうようになってしまいました。「神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからです」(ロマ1:21-23)。そして罪に支配されて迷い、神からの祝福や栄誉を受けられなくなってしまいました。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず」(ロマ3:23)。

《第三に、キリストの救いだけが神の栄光を回復し、完成します》

 しかし御子は神の栄光を、罪に支配された世界に回復するために来られました。御子は、人々と共に歩まれる中で、神の知恵と力を現わすと共に、神の最もすばらしい栄光をあかしして下さいました。その栄光は、人の姿を取られても曇らない聖いご人格、測り知れない愛と犠牲と信頼です。罪深い人格はどんなに富や権力があってもかえって人を毒します。しかしすばらしい人格の人は、どんな病・困難・喪失の中であっても、一層輝き、多くの人を慰め立たせます。すぐれた人に遥かにまさって、御子は、最大の悪や裏切り試練を十字架でお受けになることを通して、永遠の救いをもたらして下さいました。キリストを信じる人は、罪から救われるばかりでなく、このキリストのいのちと人格をいただくのです。そしてキリストと共に生き、キリストのすばらしさを知って喜び、キリストに似て行き、キリストと共に神の栄光をあらわしてゆきます。私たちが救われるのは、このようにして私たちを通してキリストのすばらしさが現わされることです。これこそクリスチャン(=キリストを持つ者)なのです。(使徒11:26、ガラ2:20、ピリ1:20、2コリ3:18)

|

« 愛と信仰の証拠を示そう | トップページ | 6月8日ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/59782259

この記事へのトラックバック一覧です: 6月8日メッセージ「救いの目的、神の栄光」:

« 愛と信仰の証拠を示そう | トップページ | 6月8日ニュース »