« 主のために御住まいを見いだすまでは | トップページ | 目をさまして神の恵みに感謝を »

2014/11/14

兄弟たちが一つになり共に暮らすことの楽しさ

見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。 詩篇133:1
 各地の諸族の民が、礼拝をささげようと大祭司の許に集まって来た時の様子を歌ったものだろうか。ひとりは気を遣う必要もなく気楽だが、刺激も緊張もなくだらしなくなりがちだし、一緒に楽しみ励まし合い共に涙する安心もない。  羊が野に一匹だけいるのは不自然であるように、人はやはり兄弟姉妹と暮らすものとして神に創造されている。帰る家があり、共に礼拝をささげる教会があってこそ自然な私たちの姿だ。一堂に会して、心を一つにして讃美し一つの祈りにアーメンと皆が唱える。そこに神の祝福が、あのヘルモンの高嶺に豊かに降る露のように注がれる。  自分の教会に所属し、共に集う恵みに感謝しよう。

|

« 主のために御住まいを見いだすまでは | トップページ | 目をさまして神の恵みに感謝を »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60655943

この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟たちが一つになり共に暮らすことの楽しさ:

« 主のために御住まいを見いだすまでは | トップページ | 目をさまして神の恵みに感謝を »