« わがたましいよ。いのちの限り、主をほめたたえよ | トップページ | 賛美を口にし歌い出そう »

2014/11/28

主の御業の数々を味わい賛美する者になろう

ハレルヤ。まことに、われらの神にほめ歌を歌うのは良い。まことに楽しく、賛美は麗しい。 詩篇147:1
 神を賛美し神に感謝することが楽しく嬉しい限りだと詩人は喜んでいる。では、私は何を喜びとし、楽しんでいるのだろうか。私は、力や富、才能こそが、問題解決のカギであり安心と幸いの源だと羨んでそれを切に求めてはいないだろうか。「神は馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。」(10節)と警告されている。だが私は、軍馬や鍛え上げた軍団を揃えてこそ勝利がある勘違いして、自分の力を増し加えることに奔走している。  万軍の主の神に信頼し、幼児が親の懐で満足している姿を忘れてはならない。自力の拡大を図るよりも、神の力と真実に信頼し、そのお力を味わって賛美しよう。それは決して無責任でもなく、今すぐに可能な解決法であり、信頼する者を神は裏切らない。  13節以降の主の御業の数々を詩人とともに共に賛美する者になろう。

|

« わがたましいよ。いのちの限り、主をほめたたえよ | トップページ | 賛美を口にし歌い出そう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60725227

この記事へのトラックバック一覧です: 主の御業の数々を味わい賛美する者になろう:

« わがたましいよ。いのちの限り、主をほめたたえよ | トップページ | 賛美を口にし歌い出そう »