« 11月16日 ニュース | トップページ | 不信の世にあっても神を忘れず信仰を守り通そう »

2014/11/17

その恵みはとこしえまで

天の神に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。 詩篇136:26
 この詩は、神が天地を創造されたことから、イスラエルをエジプトから救出し荒野を導いてカナンの地に住まわせ、周囲の敵から守り助けてくださった恵みの数々を思い起こして、「その恵みはとこしえまで」と感謝の讃美を終始こだまさせ続けている。  「主は私たちが卑しめられたとき、私たちを御心に留められた・・・主は私たちを敵から救い出された。」(23、24節)と、苦労の際の助けは思い出せるが、自然の光景は至極当然と思い込んでいて、「英知をもって天を造られた方に。・・・地を水の上に敷かれた方に。」(5、6節)と賛美まですることはない。  だが、この詩に倣い、神の深い配慮の中に生かされていることを発見して、私たちも神に賛美を献げよう。

|

« 11月16日 ニュース | トップページ | 不信の世にあっても神を忘れず信仰を守り通そう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60676081

この記事へのトラックバック一覧です: その恵みはとこしえまで:

« 11月16日 ニュース | トップページ | 不信の世にあっても神を忘れず信仰を守り通そう »