« 神は役目を託して私を今日に送り出される | トップページ | 神を仰ぐことから始めよう »

2014/12/16

すべては神の導きと助けを祈ってから

彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」 使徒1:14、15
 主イエスは、全世界に救いの福音を伝えるという宣教の大命令を弟子たちに命じて天に帰られた。そのような命令を果たせるような能力は弟子たちにない。その働きは、弟子たちがやがて下られる聖霊なる神を受け、その主導に従って進められる。  弟子たちはイエスの昇天後10日間、祈りつつ聖霊の注ぎを待った。教会であれキリスト者個人であれその活動は、聖霊の神の導きと助けを受けてこそ、キリストの香りある業となり、祝福を受けたものとなる。神は私たちとともに働かれる方だ。  聖霊の導きと助けを待って、祈りをもって私の万事を始める習慣を身に付けよう。

|

« 神は役目を託して私を今日に送り出される | トップページ | 神を仰ぐことから始めよう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60817803

この記事へのトラックバック一覧です: すべては神の導きと助けを祈ってから:

« 神は役目を託して私を今日に送り出される | トップページ | 神を仰ぐことから始めよう »