« 12月21日ニュース | トップページ | 福音の証人として歩もう »

2014/12/22

十字架を負って従い行くこと

こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで、こう言った。「主イエスよ。私の霊をお受けください。」そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。 使徒7:59、60
 聖霊に満たされたステパノの弁明に、「人々はこれを聞いて、はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしりし」(54節)て彼を処刑した。  彼の主は全能の方なのに、その忠実なしもべをなぜお助け下さらなかったのか不思議だ。否、彼は素晴らしい助けを得たので、キリストの弟子にふさわしく整えられ、キリストの死に倣う召され方で天に凱旋したのだ。  十字架を負って従い通すことこそ、私たちが祈り願うべきもので、世的な救出がすべてではない。

|

« 12月21日ニュース | トップページ | 福音の証人として歩もう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60852164

この記事へのトラックバック一覧です: 十字架を負って従い行くこと:

« 12月21日ニュース | トップページ | 福音の証人として歩もう »