« 福音の証人として歩もう | トップページ | 神に偏見はなし »

2014/12/24

神の人として必要なことは

そこでアナニヤは出かけて行って、その家にはいり、サウロの上に手を置いてこう言った。「兄弟サウロ。あなたが来る途中でお現われになった主イエスが、私を遣わされました。あなたが再び見えるようになり、聖霊に満たされるためです。」 使徒9:17
 神が人を救いお用いになる基準は、人の常識とは異なる。神は、福音の妨害者を宣教者に変えて用いる。人の信仰深さや人格知識などを問わず、無力な者を用い、貧しく小さな民族を愛する民として選ばれる。神に感謝し、その助けを常に乞い求める者をお用いになる。  サウロが、アナニヤの導きとバルナバの執り成しを得て伝道者として出発できたように、兄姉の助けを必要とする。資格のなさを自覚し、神の助けを願い、兄弟の協力を求めて神に仕えよう。

|

« 福音の証人として歩もう | トップページ | 神に偏見はなし »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60861655

この記事へのトラックバック一覧です: 神の人として必要なことは:

« 福音の証人として歩もう | トップページ | 神に偏見はなし »