« すべては神の導きと助けを祈ってから | トップページ | 私にあるものを上げよう »

2014/12/17

神を仰ぐことから始めよう

そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって、多くの不思議なわざとあかしの奇蹟が行なわれた。 使徒2:42、43
 ペテロ説教を聞いて「心を刺され」た人々は、使徒たちにどうしたらよいかを問い(37節)、勧めを聞いて「彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受け」(41節)、弟子たちの群れの交わりに加わって、祈りと礼拝をささげた。すると「一同の心に恐れが生じ」て、多くの不思議な出来事を経験したという。  神の御言葉に耳を傾け、一緒に礼拝と祈りをささげるところに、神も臨在なさり、そこに神への恐れが与えられる。そして神の不思議の業を経験する。信仰生活は神を仰ぎ、神に信頼し、神の介入をいただきながら進められるものだ。神の臨在があって、神への畏敬の思いが私たちに与えられてこそ、神の業が始まる。  神を仰ぐことから始めよう。

|

« すべては神の導きと助けを祈ってから | トップページ | 私にあるものを上げよう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60822787

この記事へのトラックバック一覧です: 神を仰ぐことから始めよう:

« すべては神の導きと助けを祈ってから | トップページ | 私にあるものを上げよう »