« 十字架を負って従い行くこと | トップページ | 神の人として必要なことは »

2014/12/23

福音の証人として歩もう

サウロは教会を荒らし、家々にはいって、男も女も引きずり出し、次々に牢に入れた。他方、散らされた人たちは、みことばを宣べながら、巡り歩いた。 使徒8:3、4
 使徒たち、ステパノたちの熱心で大胆な福音宣教は厳しい迫害を引き起こし、信徒たちは「ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされ」(1節)た。しかし、それは焚火が掻き回されて火の粉が周囲に飛び散るように、福音はエルサレムからユダヤ各地に広められる結果となった。  ユダヤ当局はサウロを派遣してキリスト教拡大の阻止を図った。だが、信徒たちは恐れることなく証し続け、「それでその町に大きな喜びが起こった」(8節)という。  散らされたと言って被害者意識に縮まらず、み名のゆえの損や恥を喜び、今日も福音の証人として歩んで行こう。

|

« 十字架を負って従い行くこと | トップページ | 神の人として必要なことは »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60852159

この記事へのトラックバック一覧です: 福音の証人として歩もう:

« 十字架を負って従い行くこと | トップページ | 神の人として必要なことは »