« 私にも可能な大胆な信仰 | トップページ | 12月21日テーマ「愛といのちを与えられ」 »

2014/12/20

御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜び

そこで、使徒たちは、御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜びながら、議会から出て行った。そして、毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた。 使徒5:41、42
 教会誕生の当初の使徒たち信徒たちの姿は、まぶしいほどの神への信頼と真摯さの中に輝いている。アナニヤ夫妻は地所を処分し、その一部を取っておいてて教会にささげ、それを全部だと偽ったために神にいのちを取られた。英雄的な犠牲を払った行為であろうと、偽善を許さぬ神の厳しさを教えられ、教会には神への畏れがあった。  また、鞭打たれ投獄されても、それを「御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜び」、当局者の眼前の宮や家々で禁じられた福音を語り続ける信仰の大胆さがあった。  世間にどう見られるか、どれほどの犠牲を払わなければならないのか、そんなことで萎縮している私たちと何と違うことか。

|

« 私にも可能な大胆な信仰 | トップページ | 12月21日テーマ「愛といのちを与えられ」 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60837009

この記事へのトラックバック一覧です: 御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜び:

« 私にも可能な大胆な信仰 | トップページ | 12月21日テーマ「愛といのちを与えられ」 »