« 屁理屈をこねて自分の主張にしがみつかず | トップページ | 約束のものに目を向けて踏み出そう »

2014/12/31

伝道は焦点を合わせて

それから彼らは、アジヤでみことばを語ることを聖霊によって禁じられたので、フルギヤ・ガラテヤの地方を通った。 使徒16:6
 パウロとシラスの旅に青年テモテ、医師ルカが途中から加わり、小アジヤを南東から北西に抜ける諸都市に福音が届けられた。今回はアジヤ、ビテニヤ州への宣教活動は禁じられ、海を越えてヨーロッパへの布教に道が開かれ、マケドニヤからアカヤ(ギリシャ)に福音の種が蒔かれていった。  全世界が福音を必要としているが、人の活動には限りがあり時にも順序があり良し悪しがある。漫然と手をこまねいて無為に過ごしたり、手を広げていたずらに動き回るのも無意味だ。  私たちも、聖霊の導きとその力に助けられ、今証しすべき方々に焦点を合わせ熟慮して福音を伝えよう。

|

« 屁理屈をこねて自分の主張にしがみつかず | トップページ | 約束のものに目を向けて踏み出そう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60896236

この記事へのトラックバック一覧です: 伝道は焦点を合わせて:

« 屁理屈をこねて自分の主張にしがみつかず | トップページ | 約束のものに目を向けて踏み出そう »