« 1月11日ニュース | トップページ | 先ずは神の許に帰って »

2015/01/12

神の福音は止まらない

こうしてパウロは満二年の間、自費で借りた家に住み、たずねて来る人たちをみな迎えて、大胆に、少しも妨げられることなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えた。 使徒28:30、31 ローマ伝道の志を与えられてコリントを離れ、戻ったエルサレムでは同胞から殺されかけ、牢での二年を経ての船旅では難破など死の覚悟を何度せねばならなかったことか。そして今、幽閉の身ではあるが夢のローマで「少しも妨げられることなく、神の国を宣べ伝え・・・教えた」という。運が良かったとか、パウロの才覚の結果でもない。囚人の身ではあっても、神の「あなたは・・・ローマでもあかしをしなければならない」(23:11)との約束の不思議な成就である。私たちの神の助けを信じて課題達成に乗り出そう。

|

« 1月11日ニュース | トップページ | 先ずは神の許に帰って »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60964020

この記事へのトラックバック一覧です: 神の福音は止まらない:

« 1月11日ニュース | トップページ | 先ずは神の許に帰って »