« 創造主をこそ仰ごう | トップページ | 常に万事を喜べる世の到来 »

2015/01/21

神の約束を信じて待つ

しかし、ついには、上から霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。 イザヤ32:15
 問題は次々と息つく間も与えずに起こり、心は心配と不安に押しつぶされる。祈っても状況は変わらない。いつになれば安心できるのだろうか、不信の思いが湧き起こる。 しかし、神は私の状況を承知しておられ、救済の計画が出来て、介入の時を数えておられる。そして「しかし、ついには、上からの霊が私たちに注がれ」る。心配と不安の悩みの荒野が、喜びの実をたわわに結ぶ果樹園に変わり、緑豊かないのちを育む森を造り出す。 何とか窮地を脱しようと悪あがきをよして、神の約束を信じて待ち続けよう。

|

« 創造主をこそ仰ごう | トップページ | 常に万事を喜べる世の到来 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61008228

この記事へのトラックバック一覧です: 神の約束を信じて待つ:

« 創造主をこそ仰ごう | トップページ | 常に万事を喜べる世の到来 »