« み言葉に応じる時は今 | トップページ | 最初の指示に背くことなく »

2015/01/09

自由な選択肢の中で生きる

すると、パウロはこう言った。「私はカイザルの法廷に立っているのですから、ここで裁判を受けるのが当然です。あなたもよくご存じのとおり、私はユダヤ人にどんな悪いこともしませんでした。」 使徒25:10
 ペリクスに代わってユダヤ総督に着任したフェストに、自分が無罪であることを弁明し、ローマの市民権を持つ者の権利として皇帝の法廷での裁判を求めた。  福音信仰に関わることでは教会内で、一市民としての権利を行使すべき時はそれを主張し、時には裁判に訴えても正義を主張し不正と戦う権利と義務を私たちは負っている。但し、あえて隣人を助けるため、時には相手の過ちをも黙して引き受けるのも、一つの大事な選択だ。  そのような自由の中で、私たちは生かされており、そう行動する者でありたい。

|

« み言葉に応じる時は今 | トップページ | 最初の指示に背くことなく »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/60945582

この記事へのトラックバック一覧です: 自由な選択肢の中で生きる:

« み言葉に応じる時は今 | トップページ | 最初の指示に背くことなく »