« 悩みの地を神の手に委ねる | トップページ | 2月1日 テーマ「人の子が来られたのは」 »

2015/01/31

先ずは悔い改めを

だれが、ヤコブを、奪い取る者に渡し、イスラエルを、かすめ奪う者に渡したのか。それは主ではないか。この方に、私たちは罪を犯し、主の道に歩むことを望まず、そのおしえに聞き従わなかった。 イザヤ42:24
 困難や悩みは自分の失敗や人の悪意に原因のすべてがあるのではない。私たちをあえて苦難に落として、私たちが自分の犯した罪や不従順や反抗に気づいて立ち返ることを願って、神がなさったことだと予言者は警告している。 愛する者に災いを与えて嘆き苦しみことを、誰が望もう。しかし、真の救いを与えるために、神は愛の怒りを注がれる。今の私の苦悩の背後に、そのような神の配慮があるとすれば、私たちのまずすべき緊急課題は、神の前に自分の罪を告白することだ。  先ずは神に、罪を悔い改めることから始めよう。

|

« 悩みの地を神の手に委ねる | トップページ | 2月1日 テーマ「人の子が来られたのは」 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61062530

この記事へのトラックバック一覧です: 先ずは悔い改めを:

« 悩みの地を神の手に委ねる | トップページ | 2月1日 テーマ「人の子が来られたのは」 »