« 1月25日 ニュース | トップページ | 滅びの穴から引き出された我が身を見る »

2015/01/26

先ずは悔い改めて神の前に静まろう

ヒゼキヤ王は、これを聞いて、自分の衣を裂き、荒布を身にまとって、主の宮にはいった。 イザヤ37:1
 獰猛なアッスリヤ軍の通過跡には、都市や村の廃墟が残るだけと言われ恐れられた。その魔手をエルサレムにも伸ばすとのアッスリヤの恫喝に、ヒゼキヤ王の即座の行動は、神殿に行って主なる神に訴えることであった。 王はひざを屈して降伏するのでもなく、解決策を部下と協議すのでもなく、防備を固めようと走り回るのでも、救援を求める使者を諸国に遣わしたのでもなかった。アッスリヤ王が、嘲った神の、「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(30:15)の励ましを信じて。 先ずは、悔い改めて神の前に静まって祈ろう。

|

« 1月25日 ニュース | トップページ | 滅びの穴から引き出された我が身を見る »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61035774

この記事へのトラックバック一覧です: 先ずは悔い改めて神の前に静まろう:

« 1月25日 ニュース | トップページ | 滅びの穴から引き出された我が身を見る »