« 黙り込まない神 | トップページ | 2月22日テーマ「この人もアブラハムの子なのですから」 »

2015/02/21

私への神のたぎる思いとあわれみを見る

あなたの熱心と、力あるみわざは、どこにあるのでしょう。私へのあなたのたぎる思いとあわれみを、あなたは押えておられるのですか。 イザヤ63:15
 神は、神に逆らい罪と不信の中に歩む私たちを目覚めさせるため、あえて苦難の中に置いて、私たちが「羊の群れの牧者たちとともに、彼らを海から上らせた方は、どこにおられるのか。」(11節)と神を求めるように働かれるという。  預言者は私たちの神を次のように紹介している。「彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた」(9節)と。  私への神のたぎる思いとあわれみを、改めて御子の十字架に見て感謝する。

|

« 黙り込まない神 | トップページ | 2月22日テーマ「この人もアブラハムの子なのですから」 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61182721

この記事へのトラックバック一覧です: 私への神のたぎる思いとあわれみを見る:

« 黙り込まない神 | トップページ | 2月22日テーマ「この人もアブラハムの子なのですから」 »