« 水のほとりに植わった木のように | トップページ | 3月15日 ニュース »

2015/03/15

3月15日 テーマ「生ける望み、朽ちない資産、試練の中の守り」

私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。 1ペテロ1:3(1~9)
 使徒ペテロは、迫害の厳しくなる時代に小アジヤ北部の諸教会を励ますために、この手紙を書き送ります。「恵みと平安が、ますます豊かになる」ために、主が使徒を通して与えられたメッセージを共に見て行きましょう。

<第一に、聖徒は神に愛され選ばれた者です> 

選ばれることは、神がご自分の民をして受け入れ愛されることを意味しています。「父なる神の予知に従い」、彼らが生まれる遥か前から、選ばれていました。これ程確かな選びはありません(エペソ1:4~5)。私たちも同じように、永遠の御計画と愛をもって選んでいて下さり、救って下さったのです。私たち人類は祖先と共に神に反逆してしまっていました。それにもかかわらず、父なる神はご自身の御子を犠牲にし、私たちを罪から救い出して、御自身のもとに回復して下さったのです。

<キリストの復活により新しく生まれました>

 冒頭の聖句で、神がほめたたえられるようにと、使徒は祈っています。 なぜなら、キリストの復活によって罪の支配から全く解放され、神と共にいつまでもに生きるようにされたからです。
 今はたくさん困難があります。しかし復活の「生ける望み」は私たちを生き生きとさせ、強め、喜びを与えます。天にある朽ちない資産が与えられています(4)。どんな資産でしょうか。主が用意して下さる天の住まいが待っています。主にある良い行い・真・主のためにしたすべてが覚えられています。主と共に歩み労した記憶、主と共に歩むことによってすばらしくされた人格、また私たちを通して救われた主にある兄弟姉妹は、地上の宝に遥かに優る、朽ちない宝です。また、神の愛は、どんな障害にも打ち勝って私たちを守ります(ロマ8:37~39)。

<栄光に満ちた喜びにおどっています> 

同時に「様々の試練の中で、悲しまなければならない」と6節に告げられています。しかし、試練は終りの時に賞賛・光栄・栄誉に至ります。試練を通してこそ、私たちは聖められ、成長します。 試練が真の希望を生み出します(ロマ5:1~5)。キリストでさえ試練を通して従順を学ばれました(ヘブル5:8)。また試練に悲しむ時、主がなぐさめて下さり、頂いた主のなぐさめによって、多くの苦しんでいる人々をなぐさめ「試練に耐え抜く力を与え」ます(2コリ1:6)。だから、聖徒は主を見ていなくても愛し、また喜びおどるのです。この確信を喜びは、神が聖霊を通して与えて下さったものです。
 神に愛され選ばれイエス・キリストを自分の救い主を信じ告白した者は、この祝福にあずかっている。 まだの方は、ぜひ今日この祝福を受けて下さい。「求めなさい。そうすれば与えられます。」

|

« 水のほとりに植わった木のように | トップページ | 3月15日 ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61305414

この記事へのトラックバック一覧です: 3月15日 テーマ「生ける望み、朽ちない資産、試練の中の守り」:

« 水のほとりに植わった木のように | トップページ | 3月15日 ニュース »