« 3月8日テーマ「祈りの家か強盗の巣か」 | トップページ | 淫行に走る動物のようになってはならない »

2015/03/09

罪や間違いを悔い改めて神の祝福を

しかし、彼らを引き抜いて後、わたしは再び彼らをあわれみ、彼らをそれぞれ、彼らの相続地、彼らの国に帰らせよう。 エレミヤ12:15
 「彼ら」とは、「わたし(主なる神)の民イスラエルに継がせた相続地を侵す悪い隣国の民」を指す。偶像の神々を信じ、神の愛する大事な民イスラエルを荒らす彼らであっても、「もし彼らがわたしの民の道をよく学び、わたしの名によって、『主は生きておられる。』と誓うなら、彼らは、わたしの民のうちに建てられよう」(17節)と言われる大いなる寛容をもって神は人々を扱われる。 そのような神の前で大事なことは、頑なな心を開いて、素直に悔い改め、神の御旨に従うことだ。つまらない負け惜しみに捕らわれず、正直に罪や間違いを認め、神と人との許しを得て前に進もう。

|

« 3月8日テーマ「祈りの家か強盗の巣か」 | トップページ | 淫行に走る動物のようになってはならない »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61289111

この記事へのトラックバック一覧です: 罪や間違いを悔い改めて神の祝福を:

« 3月8日テーマ「祈りの家か強盗の巣か」 | トップページ | 淫行に走る動物のようになってはならない »