« 救いは神への信仰にある | トップページ | 4月5日 ニュース »

2015/04/05

4月5日 テーマ「見通しの変更」

永遠の契約の血による羊の大牧者、私たちの主イエスを死者の中から導き出された平和の神が、イエス・キリストにより、御前でみこころにかなうことを私たちのうちに行ない、あなたがたがみこころを行なうことができるために、すべての良いことについて、あなたがたを完全な者としてくださいますように。どうか、キリストに栄光が世々限りなくありますように。アーメン。
     へブル13:20~21
 キリストの復活について、へブル書は簡潔に、しかも豊かに説明している。

 第一に、イエスの復活は、彼が「永遠の契約の血による羊の大牧者」になられたことを証明する。イエスがご自身を十字架で犠牲となられたが、それを神が受け入れて下さった(エペソ1:7)。だから、彼を信じる者は、確かな救いを保証され(マタイ26:28、創世記9:12参照)、善き偉大な牧者としてのイエスに養い育てていただける(詩篇23篇)。御子は、私たちを決して放置なさらず、そばにおられて保護し(イザヤ40:11)、豊かに養って下さる(ヨハネ10:10~11)。私たちは、迷いやすく弱い羊のような自分を自覚し、大牧者に信頼し従って行こう。

 第二に、神は「私たちの主イエスを死者の中から導き出され」て平和をもたらされた。モーセやアロン等の旧約の牧者たちは、出エジプトの時に紅海の中から引き上げられ(イザヤ63:11)、新しい契約の仲介者キリストは、死者の中から導き出されて復活なさった。それは、キリストを信じた者の罪が許され、義と認められ、神との和解ができたことを保障する(ローマ5:1)。しかし、教会でも信仰の理解や生活態度の不一致に悩まされることが少なくないが、「キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。」(エペソ2:14~15)とあり、「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。」(コロサイ3:15)と励まされる。平和を追い求めよう。

 第三に、神は「御心を行うために、すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように」と働かれる。「備える」とは整えて完璧なものにすることで、私たちが神の御心を行えるように必要なすべてを準備すると約束され、聖霊を付与してくださった(へブル8:8~12)。甦られたイエスを私たちの大祭司また大牧者とされた神は、私たちにすべての良いことを備えてくださるとすれば、何を恐れることあろうか。今や私たちは、将来の見通しを全面的に変えざるを得ない。あれもダメ、これも出来ない、経済的にも能力面でも難しい、時間もない等々と、今の手持ちのもので先の可能性を考えると見通しは厳しい。だが、私たちには復活のキリストがおられ、「すべての良いことについて、あなたがたを完全な者としてくださいます」と神は約束された。御心を行うに障害となるものは神が除去してくださる。明るい見通しをもって、将来の展望を描き、主の御心を実践しよう。「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ローマ8:31)ともある。主イエスのように、私たちは神の御心に適う道を尋ねて実践して行こう(マタイ12:50)。

|

« 救いは神への信仰にある | トップページ | 4月5日 ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61392264

この記事へのトラックバック一覧です: 4月5日 テーマ「見通しの変更」:

« 救いは神への信仰にある | トップページ | 4月5日 ニュース »