« 神は災いを用いて愛されることもある | トップページ | だがなおもその中から »

2015/04/30

神に助けを求めて仰ぐ者であろう

この方は私に仰せられた。「人の子よ。あなたはこれを見たか。ユダの家にとって、彼らがここでしているような忌みきらうべきことをするのは、ささいなことだろうか。彼らはこの地を暴虐で満たし、わたしの怒りをいっそう駆り立てている。」 エゼキエル8:17
 神は預言者エゼキエルに幻を通して、壁一面に彫られた「はうものや忌むべき獣のあらゆる像や、イスラエルの家のすべての偶像」の前に、「イスラエルの家の七十人の長老が・・・立って・・・その手に香炉を持ち」礼拝をささげている忌まわしいエルサレムの姿を示された(10、11節)。バビロンの侵攻に怯えても真の神に立ち帰ろうとせず、偶像の神々に頼ろうとする愚行が展開されていた。 困難に遭遇した時、私たちはすぐに神に助けを求めて仰ぐ者でありたい。

|

« 神は災いを用いて愛されることもある | トップページ | だがなおもその中から »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61521067

この記事へのトラックバック一覧です: 神に助けを求めて仰ぐ者であろう:

« 神は災いを用いて愛されることもある | トップページ | だがなおもその中から »