« 今、神の前に身を低くして | トップページ | 他を羨まず自分の課題に取り組もう »

2015/04/15

なぜ、もらっていないかのように誇るのか

それゆえ、そこには荒野の獣が山犬とともに住み、だちょうがそこに住む。もう、いつまでも人は住まず、代々にわたって、住む人はない。 エレミヤ50:36
 新バビロニヤ帝国はエジプトにまで侵攻する勢力を誇ったが、その存在はわずか80余年、その栄華を荒野の廃墟に残して消えた。バビロンは神の審判の道具に過ぎず、彼も、「高ぶる者よ。見よ。わたしはあなたを攻める。」(31節)と言われて滅んだ。 自分の能力や実績を自分の努力で産み出したものと思い込んで高ぶってはならない。「いったいだれが、あなたをすぐれた者と認めるのですか。あなたには、何か、もらったものでないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか。」(Ⅰコリント4:7)とある。謙虚でありたい。

|

« 今、神の前に身を低くして | トップページ | 他を羨まず自分の課題に取り組もう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61451627

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、もらっていないかのように誇るのか:

« 今、神の前に身を低くして | トップページ | 他を羨まず自分の課題に取り組もう »