« なぜ、もらっていないかのように誇るのか | トップページ | なおも希望があると »

2015/04/16

他を羨まず自分の課題に取り組もう

エレミヤはセラヤに言った。「あなたがバビロンにはいったときに、これらすべてのことばをよく注意して読み、『主よ。あなたはこの所について、これを滅ぼし、人間から獣に至るまで住むものがないようにし、永遠に荒れ果てさせる、と語られました。』と言い・・・」 エレミヤ51:61、62
 圧倒的な力でユダを滅ぼし、民を強制連行するバビロンが、やがて滅ぼされるという鮮明な預言を、エレミヤは書に記してセラヤに託し、捕囚の民を励ますようにと命じた。 アッスリヤ、エジプト、バビロン、メデヤと、信仰の民を脅かす大国の勢力を羨むことはない。彼らはイスラエルの民を懲らしめるために神が用いる存在に過ぎない。 信仰者の課題は、今自分に下された苦難をしっかり受け止めて、神への信仰に立ち帰って励むことだ。

|

« なぜ、もらっていないかのように誇るのか | トップページ | なおも希望があると »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61451623

この記事へのトラックバック一覧です: 他を羨まず自分の課題に取り組もう:

« なぜ、もらっていないかのように誇るのか | トップページ | なおも希望があると »