« 神に助けを求めて仰ぐ者であろう | トップページ | 大事なことは悔い改めと信仰の回復 »

2015/05/01

だがなおもその中から

イスラエルとユダの家の咎は非常に大きく、この国は虐殺の血で満ち、町も罪悪で満ちている。それは、彼らが、「主はこの国を見捨てられた。主は見ておられない。」と言ったからだ。だから、わたしも惜しまず、あわれまない。わたしは彼らの頭上に彼らの行ないを返す。 エゼキエル9:9、10
 「私たちは私たちの神、主に仕え、主の御声に聞き従います。」(ヨシュア24:24)と誓って約束の地に住み始めた民であったが、今は主なる神を畏れもせず、その意向を無視し、偶像に仕えて己の欲望のままに振る舞っていた。今風に言えば「神などいるのかいないのかわからない。そんな神の教えなど気にする必要はない。」と。 神は、その不信の民に怒りをもって報いる。だがなおもその中から、神を仰ぐ者を救おうと探される。

|

« 神に助けを求めて仰ぐ者であろう | トップページ | 大事なことは悔い改めと信仰の回復 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61521053

この記事へのトラックバック一覧です: だがなおもその中から:

« 神に助けを求めて仰ぐ者であろう | トップページ | 大事なことは悔い改めと信仰の回復 »