« 恐れ敬うべきは神 | トップページ | 成功を謙虚に感謝して受ける »

2015/05/22

神の語りかけを聞いて

わたしはバビロンの王の腕を強くし、パロの腕を垂れさせる。このとき、わたしがバビロンの王の手にわたしの剣を渡し、彼がそれをエジプトの地に差し向けると、彼らは、わたしが主であることを知ろう。 エゼキエル30:25
 バビロンのエジプト侵攻の預言は、「第十一年の第一の月の七日、私に次のような主のことばがあった」(20節)とBC586年の日付がある。大国小国の興亡の歴史は、国家の力や王の才覚、国際関係の流れなどだけで決まるのではない。 それらを用いつつも、「彼らは、わたしが主であることを知ろう。」と、ご自分の神であることを世に知らせようとの神の意図が、世界の歴史を展開させているのだ。 自然や歴史を通して、また我が身の起こることを通して、神の語りかけを聞きとって応じよう。

|

« 恐れ敬うべきは神 | トップページ | 成功を謙虚に感謝して受ける »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61631925

この記事へのトラックバック一覧です: 神の語りかけを聞いて:

« 恐れ敬うべきは神 | トップページ | 成功を謙虚に感謝して受ける »