« 率直に神に許しを乞う | トップページ | 率直に聖書の警告に聞き従い »

2015/05/06

己の不信仰を放置していてはならない

それは、イスラエルの家が、二度とわたしから迷い出ず、重ねて自分たちのそむきの罪によって自分自身を汚さないためであり、彼らがわたしの民となり、わたしも彼らの神となるためである。――神である主の御告げ。――エゼキエル14:11
 「彼らがわたしの民となり、わたしも彼らの神となるため」とあるように、神は民を愛し、彼らとの真実の交わりを願い、それを妨げる偶像礼拝と不義を憎まれる。 「それは」とは、民を惑わし背信行為に誘い込む偽預言者を、神は「わたしは彼に手を伸ばして、わたしの民イスラエルのうちから彼を根絶やしにする」(9節)という厳しい措置をなさることを指す。 新約の恵みに生かされていながら、神ならぬものに心を惹かれ不義に堕ち込みがちな我が身を、甘えて放置していてはならない。

|

« 率直に神に許しを乞う | トップページ | 率直に聖書の警告に聞き従い »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61546660

この記事へのトラックバック一覧です: 己の不信仰を放置していてはならない:

« 率直に神に許しを乞う | トップページ | 率直に聖書の警告に聞き従い »