« 遠くて近い神 | トップページ | 犠牲や抑制のない信仰は空疎だ »

2015/06/05

栄光の主が私の王、私の羊飼い

彼は私を、北の門を通って神殿の前に連れて行った。私が見ると、なんと、主の栄光が主の神殿に満ちていた。そこで、私はひれ伏した。 エゼキエル44:4
 イスラエルが重ねた偶像崇拝と不信仰の結果、民は神の怒りを買ってバビロン軍の侵略に遭い、神殿を破壊され祖国を追われて異国の地に捕囚民として暮らす身となった。だが、神は預言者エゼキエルに、やがての日に、神は新しい神殿を再建し、イスラエルの民に再び祝福と栄光をもたらす王として帰還し君臨されることを、ここで見せてくださった。 なお長い、捕囚民としての屈辱と困難な日々が続く。だが、この愚かな民に、神は再び栄光の王として、その憐れみに満ちた祝福の翼を広げて保護してくださるという。 そして、私たちもそれに勝る恵みに与り、羊飼いの主イエスの祝福の保護下に生かされていることを覚えて感謝しよう。

|

« 遠くて近い神 | トップページ | 犠牲や抑制のない信仰は空疎だ »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61699363

この記事へのトラックバック一覧です: 栄光の主が私の王、私の羊飼い:

« 遠くて近い神 | トップページ | 犠牲や抑制のない信仰は空疎だ »