« 神の恵みは細部に至るまで | トップページ | 遠くて近い神 »

2015/06/03

御子キリストを仰いで聖なる宮に

彼が外壁の回りを巡って四方を測ると、その長さは五百さお、幅も五百さおで、聖なるものと俗なるものとを区別していた。 エゼキエル42:20
 専門家と素人の私たちと関心事が違う。切れ味のよう包丁を見ると、あれも切れるかな、値段はいくらか、どこで買えるのか等と思うが、専門家は素材は何かまたその割合は、どんな鍛え方をしたのかなどと考える。神殿とその各部分を丁寧に測って案内する幻を見せられ、エゼキエルは祭司として飽きもせずにそれらを記録し、私たちに示して将来神が与えてくださる神殿の壮大な細部にわたる設計図を誇らかに告げる。  それは漠然とした夢物語ではない。神は、私たちとの交わりの場、赦しと祝福の空間、神殿建設の計画を立てておられた。そしてそれは、御子によって完成している。  罪を告白し、御子キリストを仰いで聖なる宮に入って祝福を受けよう。

|

« 神の恵みは細部に至るまで | トップページ | 遠くて近い神 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61692088

この記事へのトラックバック一覧です: 御子キリストを仰いで聖なる宮に:

« 神の恵みは細部に至るまで | トップページ | 遠くて近い神 »