« 6月7日ニュース | トップページ | 誠実な信仰は忘れられない »

2015/06/08

福音の水に我が身を浸して

彼は私を神殿の入口に連れ戻した。見ると、水が神殿の敷居の下から東のほうへと流れ出ていた。神殿が東に向いていたからである。その水は祭壇の南、宮の右側の下から流れていた。 エゼキエル47:1
 神殿から流れ出た小さな流れは、やがて大河となって全地を潤し、多くの魚と生き物を育み、「川のほとり、その両岸には、あらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、実も絶えることがなく、毎月、新しい実をつける。その水が聖所から流れ出ているからである。その実は食物となり、その葉は薬となる」(12節)とある。 この水は、主イエスの十字架の福音を暗示している。信仰の民は、そのような恵みの地にその嗣業を与えられる(13節)。 改めて福音の水に我が身を浸し、その祝福に自分の営みを委ねよう。

|

« 6月7日ニュース | トップページ | 誠実な信仰は忘れられない »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61712082

この記事へのトラックバック一覧です: 福音の水に我が身を浸して:

« 6月7日ニュース | トップページ | 誠実な信仰は忘れられない »