« 神はなお祝福を願って悔い改めを待つ | トップページ | 神はなお背信の民を捨てない »

2015/06/27

神は私たちの立ち帰りを待つ

エフライムよ。わたしはあなたに何をしようか。ユダよ。わたしはあなたに何をしようか。あなたがたの誠実は朝もやのようだ。朝早く消え去る露のようだ。 ホセヤ6:4
 エフライムもユダも皆、神への信仰は皆無というわけではない。神を敬いその教えを守ろうとの気配がないわけでもない。だが神への畏れや信頼に生きようとの姿勢は、一日の中の一瞬だけ、早朝の露やもやのように消え去って、ほとんどが神を忘れて己の欲望のままに偶像礼拝や不法に走る。 このような民に、神は罰を加えるしかないではないか、と嘆かれるながらも、「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。」(1節)と、私たちが目覚めて戻るのを、神は待っておられる。

|

« 神はなお祝福を願って悔い改めを待つ | トップページ | 神はなお背信の民を捨てない »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61800330

この記事へのトラックバック一覧です: 神は私たちの立ち帰りを待つ:

« 神はなお祝福を願って悔い改めを待つ | トップページ | 神はなお背信の民を捨てない »