« 神の警告に目を覚まそう | トップページ | でも神がそれを許された »

2015/07/10

子よ。そうではなかったのか

あなたがたをエジプトの地から連れ上り、荒野の中で四十年間あなたがたを導き、エモリ人の地を所有させたのは、このわたしだ。わたしは、あなたがたの子たちから預言者を起こし、あなたがたの若者から、ナジル人を起こした。イスラエルの子らよ。そうではなかったのか。 アモス2:10、11
 預言者アモスはイスラエルの罪を指摘する前に、先ずは周辺諸国の罪を列挙して行く。敵が審かれるのを聞くのは心地よい。しかし、その的が徐々に絞られ最後にイスラエルの罪が糾弾される。 民に対する神の憐れみを、「イスラエルの子らよ。そうではなかったのか」と思い起こさせ、彼らの忘恩と背信行為を指摘する。 私たちも、「子らよ。そうではなかったのか。」と、神からの恵みにふさわしい生き方をしているのか問われている。

|

« 神の警告に目を覚まそう | トップページ | でも神がそれを許された »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61865916

この記事へのトラックバック一覧です: 子よ。そうではなかったのか:

« 神の警告に目を覚まそう | トップページ | でも神がそれを許された »