« 憐みの神の御手にわが身を委ねて | トップページ | 復活の主をこそ畏れつつ信頼し »

2015/07/30

今、あなたは何を恐れ誰に遠慮し配慮しているのか

主は怒るのにおそく、力強い。主は決して罰せずにおくことはしない方。主の道はつむじ風とあらしの中にある。雲はその足でかき立てられる砂ほこり。主は海をしかって、これをからし、すべての川を干上がらせる。バシャンとカルメルはしおれ、レバノンの花はしおれる。 ナホム1:3、4
 7世紀半ば、エジプトの奥深くまで侵攻しオリエントの覇者として猛威を振るうアッスリに誰が抗しようか。しかし、預言者ナホムは、生けるイスラエルの神に、「だれがその憤りの前に立ちえよう。だれがその燃える怒りに耐えられよう。」(6節)と告げる。 もちろん栄華を誇るアッスリヤの首都ニネベも例外ではない。人が真に恐れて従い信頼すべき方は主なる神だ。今、自分が恐れ遠慮し配慮している方が神であるならば幸いだ。

|

« 憐みの神の御手にわが身を委ねて | トップページ | 復活の主をこそ畏れつつ信頼し »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61983764

この記事へのトラックバック一覧です: 今、あなたは何を恐れ誰に遠慮し配慮しているのか:

« 憐みの神の御手にわが身を委ねて | トップページ | 復活の主をこそ畏れつつ信頼し »