« 今日も神を畏れつつ | トップページ | 誠実な神への信仰の生活を »

2015/07/15

神の怒りと憐れみと

神である主は、私にこのように示された。見よ。神である主は燃える火を呼んでおられた。火は大淵を焼き尽くし、割り当て地を焼き尽くそうとしていた。私は言った。「神、主よ。どうか、おやめください。ヤコブはどうして生き残れましょう。彼は小さいのです。」主はこのことについて思い直し、「このことも起こらない。」と神である主は仰せられた。 アモツ7:4~6
 罪を悔い改めないイスラエルに、神は怒りの災いを準備なさる。だがその災いを預言者に見せて民に警告を告げさせ、彼らの悔い改めを期待なさる。  しかも、アモスの執り成しに予定の災いを撤回なさる。神は、民の罪への怒りと憐みの間におられ、御子の十字架において、人の罪と死を滅ぼし義の衣で包む救いで完成された。  このお心を覚えて生きよう。

|

« 今日も神を畏れつつ | トップページ | 誠実な神への信仰の生活を »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/61894183

この記事へのトラックバック一覧です: 神の怒りと憐れみと:

« 今日も神を畏れつつ | トップページ | 誠実な神への信仰の生活を »