« 罪を告白して神の恵みに与る | トップページ | みこころを無視した利己的な信仰となっていないか »

2015/08/15

私たちの王に仕えよう

万軍の主はこう仰せられる。見よ。ひとりの人がいる。その名は若枝。彼のいる所から芽を出し、主の神殿を建て直す。彼は主の神殿を建て、彼は尊厳を帯び、その王座に着いて支配する。 ゼカリヤ6:12、13
 預言者ハガイの激励もあって再開された神殿再建がやがて完成しようとしていたが、その際の大祭司ヨシアの戴冠は、メシヤ来臨の予型を意味する。  メシヤは若々しく成長するいのちをもたらし、人に神との和解と交わりを提供する神殿そのものであり、また全地を支配下に治めてその民に安寧と繁栄を来たらせる真の王でもある。私たちは、すでにその方の恵みの中に招かれている。  改めて、主キリストを仰いで信頼と忠誠をもって主の支配に委ねて行こう。

|

« 罪を告白して神の恵みに与る | トップページ | みこころを無視した利己的な信仰となっていないか »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62085474

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちの王に仕えよう:

« 罪を告白して神の恵みに与る | トップページ | みこころを無視した利己的な信仰となっていないか »