« 神との和解を得て | トップページ | 私たちは世に在って寄留者 »

2015/08/28

どのような事態の中でも神を畏れて

しかし、助産婦たちは神を恐れ、エジプトの王が命じたとおりにはせず、男の子を生かしておいた。 出エジプト1:17
 エジプトに70名で移住したヤコブ一族は、アブラハムに神が約束されたように数を増し、一民族としてイスラエル人と呼ばれるに至った。イスラエルに好意を示した以前の王朝と代わった新しい王朝は、反乱を恐れてイスラエル敵視政策を取り、生まれる男子を殺すように助産婦に命じた。 だが彼女たちは、絶対的な力を持つ帝王よりも、目には見えない神への信仰の故に、男の子も殺さなかった。状況はイスラエルの民には暗く、絶望的に見えたであろう。だが、母の中で大きく育って誕生を待つ胎児のように、イスラエルは出産を促す陣痛を迎えたのであった。 私たちの主は、喜ばしい復活の前に十字架の苦難を受けられた。困難も神のご支配の中での出来事と受け止め、どのような事態の中でも、神を畏れて行動したいものだ。

|

« 神との和解を得て | トップページ | 私たちは世に在って寄留者 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62176079

この記事へのトラックバック一覧です: どのような事態の中でも神を畏れて:

« 神との和解を得て | トップページ | 私たちは世に在って寄留者 »