« 私たちは世に在って寄留者 | トップページ | 8月30日メッセージ「裏切る者への憐れみ」 »

2015/08/30

主の手に触れてもらって

イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」 マルコ1:41
 神に呪われた汚れた存在と考えられていたらい病者が、聖なる神の子イエスに近づいて来て癒しを願ったという。イエスは彼の接近を許されただけではない、ご自分も御手を伸ばして彼の病の肌に触れてくださった。  誰もが恐怖で尻込みし嫌悪の目で遠ざけ、親兄弟さえも触れようとしなかった彼の肌に、イエスは深い憐れみの温もりをその手で伝えてくださった。  人には怒りや不満をぶっつけるが、神の前では沈黙し、問題を自分の中に閉じ込めていては、キリスト者とは言えない。主イエスの前に自分の問題を正直に話そう。主の手に触れてもらい、その答えをいただいて進むものでありたい。

|

« 私たちは世に在って寄留者 | トップページ | 8月30日メッセージ「裏切る者への憐れみ」 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62189768

この記事へのトラックバック一覧です: 主の手に触れてもらって:

« 私たちは世に在って寄留者 | トップページ | 8月30日メッセージ「裏切る者への憐れみ」 »