« 8月30日ニュース | トップページ | 言い訳せず仕返しを考えず »

2015/08/31

常識の中の信仰にとどまっていないか

そのとき、ひとりの中風の人が四人の人にかつがれて、みもとに連れて来られた。群衆のためにイエスに近づくことができなかったので、その人々はイエスのおられるあたりの屋根をはがし、穴をあけて、中風の人を寝かせたままその床をつり降ろした。 マルコ2:3、4
 困っている人に同情し、何か手助けをと動き始めることは私たちにもよくあることだ。だが、人様の家の屋根に穴をあけ、大勢の者が熱心に説教を聞いている最中に吊り下ろすという非常識で迷惑な行為までは踏み切れない。  しかし、主イエスは彼らの行動を良き信仰の結果だとして褒めておられる。彼らには、イエスはどんな病も癒すことがお出来になるという絶対的な信頼と病気の友への深い同情が、このような非常識で破壊的な行動にまで駆り立てたのだろう。  少しの障害にもすぐ尻込みし、人に遠慮しては中断する礼儀正しい信仰を反省する。

|

« 8月30日ニュース | トップページ | 言い訳せず仕返しを考えず »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62189651

この記事へのトラックバック一覧です: 常識の中の信仰にとどまっていないか:

« 8月30日ニュース | トップページ | 言い訳せず仕返しを考えず »