« 不信者の繁栄を羨むことはない | トップページ | 神の愛の手に守られている »

2015/08/05

神を良いことも、悪いこともしない、思ってはいないか

その時、わたしは、ともしびをかざして、エルサレムを捜し、そのぶどう酒のかすの上によどんでいて、「主は良いことも、悪いこともしない。」と心の中で言っている者どもを罰する。 ゼパニヤ1:12
 神はユダの民を愛する故に彼らの不信仰と堕落に無関心ではおられない。神が、彼らの宗教的道徳的腐敗に厳しい審判を下されるのは彼らに期待しておられたからこそであり、また審判のゆえの苦しみの中から悔い改める者たちが起こるのを願ってのことだ。 では、私の今の信仰状態は、神の目にはどう映っているのだろうか。「ぶどう酒のかすの上によどんでいて、『主は良いことも、悪いこともしない。』と心の中で言っている者ども」のような、神をないがしろにした信仰者であってはならない。

|

« 不信者の繁栄を羨むことはない | トップページ | 神の愛の手に守られている »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62021220

この記事へのトラックバック一覧です: 神を良いことも、悪いこともしない、思ってはいないか:

« 不信者の繁栄を羨むことはない | トップページ | 神の愛の手に守られている »