« 主は問題を解決してくださる | トップページ | 神のことばを空文にする »

2015/09/04

何ともったいないことか

それで、そこでは何一つ力あるわざを行なうことができず、少数の病人に手を置いていやされただけであった。 マルコ6:5
 復活の主は今も生きておられ、私たちを励ましてその大能の力をもって助けてくださる。しかし、私たちが、その御力を経験していないのは、主が力を失ったからではない。私たちが、不信仰の故に主イエスに助けを求めようとしないからだ。  主は助けの手を伸べておられる。その全能の主を無力だと見做し、人や物こそに解決ありと思い込み、私たちはいたずらに走り回って疲れ果て、焦燥と不安に駆られている。  不信仰のゆえに、その手を払いのけ、「そこでは何一つ力あるわざを行なうことができず」という状況を作っているとすれば、何ともったいないことか。

|

« 主は問題を解決してくださる | トップページ | 神のことばを空文にする »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62243065

この記事へのトラックバック一覧です: 何ともったいないことか:

« 主は問題を解決してくださる | トップページ | 神のことばを空文にする »