« 不要な高ぶりを何時まで持ち続けようというのか | トップページ | 9月27日メッセージ「恵みを数えて感謝する」 »

2015/09/26

ただ主の意向を実践に

しかし、知らずにいたために、むち打たれるようなことをしたしもべは、打たれても、少しで済みます。すべて、多く与えられた者は多く求められ、多く任された者は多く要求されます。 ルカ12:48
 キリストの弟子たち同様に、私たちは神のご計画を知り、救いの全容を聖書と聖霊に教えられた。「主人の心を知りながら、その思いどおりに用意もせず、働きもしなかったしもべは、ひどくむち打たれ」(47節)て当然のように、クリスチャンとして神の御旨を承知していながら、怠惰と不信仰のゆえに、託されて任されていることを放棄している責任は重い。 あれこれと無駄な計算や判断を捨てて、素直に、ただ教えられている主の意向を実践に移そう。

|

« 不要な高ぶりを何時まで持ち続けようというのか | トップページ | 9月27日メッセージ「恵みを数えて感謝する」 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62375149

この記事へのトラックバック一覧です: ただ主の意向を実践に:

« 不要な高ぶりを何時まで持ち続けようというのか | トップページ | 9月27日メッセージ「恵みを数えて感謝する」 »