« 謙虚に仕えることを努めよう | トップページ | 1月24日ニュース »

2016/01/24

1月24日メッセージ「福音は聞いて信じるもの」

マリヤはイエスといっしょにいた人たちが嘆き悲しんで泣いているところに行き、そのことを知らせた。ところが、彼らは、イエスが生きておられ、お姿をよく見た、と聞いても、それを信じようとはしなかった。
マルコ16:10~11(9~18)

《先ず罪人に》

墓に行った婦人たちは三人であったが、他の二人を差し置いて復活の主の最初の顕現に与ったのは、かつては七つもの悪霊に取り憑かれて異常な生活を送っていたマグダラのマリヤであった。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです」(2:17)と言われた主は、復活の後も、義人よりも罪人に、健康な人よりも病める者のより近くにいてくださる方だ。この復活の主の顕現に接することは、私たちが熱心に求めて会いに行くからではなく、主の側から会いに来られるから出来ることだ。主キリストの助けなしには生きて行けないような、惨めで恥の多い人に対してご自分を現される。それだけに主を愛することの深い人に、主はご自分を現されるのだ。
次に主がご自分を現されたのは、ペテロやヨハネにではなく、エマオに帰ろうとしていた二人の弟子に対してであった。ひとりはクレオパという名だとルカは伝えているが、それ以外は不明の無名の弟子たちを選んで。主はご自分を現された。しかし以前の姿とは違った「別の姿」で現れたので、一緒に歩いて話をしていたのに気づかず、食事をしているうちにわかったという(ルカ24:31)。主は一目でそれとわかるような形ではなく、信じないのが当然のような形で、聖書のことばと聖霊の導きよってはじめて目が開かれ信仰に至るような仕方で近づかれる。復活の証人は立派な経歴の人とは限らない。むしろ無名の、軽んじられている者を、神は用いられる。聞く者は告げる者の肩書に捕らわれないことだ。

《不信仰とかたくなな心》

マリヤは嘆き悲しんで泣いている弟子たちに、喜びの復活の使信を伝えたが、「彼らは・・・聞いても、それを信じようとはしなかった」(11節)。夜には戻って来た二人の弟子が復活を知らせたが、彼らは「ふたりの話も信じなかった」(13節)。彼らは弟子と呼ばれず、「イエスといっしょにいた人たち」と記されている。だが、そんな彼らをイエスは見捨てずにご自分を現し、「彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになっ」て(14節)、復活の信仰に導かれた。頑なに最後まで心を閉ざし信じなかったトマスには、「信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」(ヨハネ20:27)とご自分の体を示して導かれた。福音の信仰とは、主が「このように伝えよ」と託してくださったことを証人から「聞いて信じる」ことだ。これを拒絶することは主に逆らうことにほかならない。

《全世界に福音を》

この復活の福音を、全世界の人々に伝えよ、と主が託されたのは、「よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかった」(14節)かたくなな弟子たちに対してであったことに驚く。主はそのような私たちを見捨てることなく救いに目を開いてくださって、キリストの十字架と復活の証人としてお用いくださる。ここでの「すべての造られた者」の「者」は人だけに限定する必要はない。福音宣教の対象はすべての被造物に及ぶととることも出来る。キリストの復活をもって万物におよぶ罪からの解放と神の祝福が始まったことを意味する(ロマ8:19~22)。聞く者はみな、神の子となる信仰とバプテスマに招かれているのだ。

|

« 謙虚に仕えることを努めよう | トップページ | 1月24日ニュース »

礼拝説教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63113429

この記事へのトラックバック一覧です: 1月24日メッセージ「福音は聞いて信じるもの」:

« 謙虚に仕えることを努めよう | トップページ | 1月24日ニュース »