« 願いは主に喜ばれること | トップページ | 私たちも神の恵みに参加しよう »

2016/01/02

福音がそしられないために

私たちは、この務めがそしられないために、どんなことにも人につまずきを与えないようにと、あらゆることにおいて、自分を神のしもべとして推薦しているのです。 Ⅱコリント6:3、4
 使徒パウロは、福音宣教にひたすら邁進しただけではない。自分の言動によってキリストの名を汚したり、誤解を与えて福音が非難されることのないように、あらゆる場面で神のしもべにふさわしく振舞って来た。つまり、人には「純潔と知識と、寛容と親切と、聖霊と偽りのない愛」(6節)をもって接し、闇の力に対しては聖書のことばの剣と信仰の盾をもって戦ったと言う。 私たちクリスチャンの人生はキリストの証人として生きることであり、天国への凱旋を目指す戦いでもある。そこにはある種の緊迫した心構えが必要だ。私たちはいつの間にか、信仰を安楽や成功の手段と勘違いしてはならない。

|

« 願いは主に喜ばれること | トップページ | 私たちも神の恵みに参加しよう »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/62986988

この記事へのトラックバック一覧です: 福音がそしられないために:

« 願いは主に喜ばれること | トップページ | 私たちも神の恵みに参加しよう »